検索
  • Kaori Nakao

お母さんのお弁当の力

 朝、お弁当を作る。帰って来た時には食べ終わった空っぽのお弁当箱。これを見て、お母さんたちは「嬉しい!」と思う。


 お父さんたちや子どもたちよ!想像してみて欲しい。そんなお母さんの心の中を。


 食事というのは、作って、それを食べてくれる人がいて、その人が美味しい!と嬉しそうにしてくれると、作った方は本当に嬉しいものだ。それがだんだんと毎日食べていると、どこかで当たり前になってしまって、「美味しい!」「ありがとう!」さえ言わなくなってしまう。


 いただきます!ごちそうさま!だけでは、本当はちょっと物足りない。


 これどうやって作ったの?など作ったことに興味を持ってもらえると製作者冥利に尽きるのだ。毎日がそんな力を入れて作れる訳ではないが、ちょっと頑張った時にはそんな興味の持ち方をして欲しい。

 しかし、お弁当は食べているところはみられない。


 お弁当箱を開けた時の顔、心を想像して時々カワイイいたずらを仕掛けたり、時々手紙をそっと入れたり、時々想像を裏切るようなお弁当になっていたりすると、子どもたちがこの上無い笑顔になっているのを私たちは見ることが出来る。

 素晴らしい出来栄えの料亭のようなお弁当を指しているのでは無い。ひたすら食べやすいように小さなおにぎりがキレイに入れられていたり、ある日のリンゴはウサギさんならぬ文字が彫ってあったり、いつもの枝豆が今日は串に刺してあり、ゴマがついていると思ったらよく見たら顔だったり、お弁当箱にゴミがついていると思ったら、それは小さな手紙だったり、昨夜一緒に手伝ったおかずが全部食べたと思ったらお弁当に入っていたり、いつもと違うお弁当が年に数回あったりするだけ。

 気付いたその瞬間、子どもはお母さんのことを思っている。何か、離れていても心が通じ合った瞬間を見たような気持ちになる。

 これを作ったお母さんたちは、この顔を決して見ることが出来ないのに、「喜ぶ顔を想像して」朝の忙しい時に仕込むんだなと思うと、胸が熱くなる。お母さんのお弁当の力は、大きくなっても必ず心に残っていて、大事な時に力を発揮するはずだ。


 簡単にネットでポチッとした高価なプレゼントの何百倍も心に響いていて、後からじっくり効いてくる。ボクシングでいえば、一髪の強烈な右フックよりも、じわじわ効いてくるボディブローのようだ。

 ここまで子どもたちを見ていると、ボディブローが効いている子どもの方が、小さな物事にも心を寄せられるし、ものを大切にするし、人の心を大切に感じることも出来る気がする。

 食べる瞬間を見られないのに、心を込めるお母さんのお弁当の力は、何よりも偉大で、愛おしい。


 

120回の閲覧

最新記事

すべて表示

ごめんね神話

Telacoyaの保育を追求する為に、鎌倉と葉山の両園のスタッフで勉強会を開いた。 「食の勉強会」と「保育の勉強会」直接参加もリモート参加もOKにして。 みんなでいろんなことを共有することは、保育をチームで行うにはとても大切なこと。 ただ正解を聞くのではなく、あーでもない、こーでもないと話すことがとても大切。 そんな中で出た「ケンカの見守りはどこまで?」というお題。 基本的にうちはケンカを止めない

大人と子どもの「今」の違い

今日はおうちえんTelacoya921の2020年度の、そして第10回目の入園式だった。 もうとっくに入園しちゃった園児がほとんどだし、もうとっくに友だちと遊ぶの楽しくなっているし、もうとっくに園の生活にも慣れちゃっているけれど、ここは一つ大切にしたい式なので、年長児のおひさまと準備をして来た手作りの入園式に該当保護者をご招待して行なった。 「お祝いの言葉」で保護者の皆さんはじめ、みんなに伝えたこ

きっとシンプルで新しい世界が待っている

コロコロコロナで閉塞感でいっぱいの今。先がまだ見えてこない。トンネルの出口がまだ見えてこないから。 でも、今、何も特に不自由があるわけじゃない。食べるものもあるし、水も飲めるし、インフラも整っている。家もあるし、物も買える。じゃ、何が不自由なんだ??? 思い切り人と触れ合えない感じ。そこにいるのにもどかしいな。 思い切り海に出られない感じ。そこにあるのにもどかしいな。 思い切り遠くに行けない感じ。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2019 by Kids on the Peak。Wix.com で作成されました。