検索
  • Kaori Nakao

実印と一緒に父からもらったもの

 19歳で免許を取ってから、家の車を借りて乗っていたが1ヶ月で事故を起こしてしまった。物損事故で済んだが、初めての事故で壊れた車を見て足が震えてのを覚えている。その時のお巡りさんが「初めての事故で亡くなったり、人を轢いてしまったりする人もいるんだよ。今回は車を直せば済むことだから、本当にラッキーだったと思いなさいよ」と言われた。心からそうだなと思って、家に帰って父に詫びて直してもらおうと思っていたら、、、父は自分のお金で直して返せと言うのだ。学生でバイトしかしていない私に。しかし、車は父のもので借りたものだし、仕方がないかと納得したものの、お金がない。父にお金を貸してくれと言ってもお金も貸してくれない。仕方がないので、バイト先の先輩に借りて、バイト代から何ヶ月かかけてなんとか全額返済をした。  何事にもシンプルな考えで、大好きだった父から言われた言葉は私には重い。


 車に乗ると言うことは、車代、ガソリン代、保険代、駐車場代それらを全て払い、事故が起きても自己責任が取れないようでは乗る資格無し。と父からは言われた。


 悔しいけど正論だと思った。


 そんな私が、短大を卒業して仕事に就いて一番最初に欲しかったのが、高校生からのめり込んでいたウィンドサーフィンと車だった。ウィンドサーフィンは、学生でお金がなかったので、バイトして友だちと二人で1艇を共有していた。早く自分だけのボードが欲しくて、すぐにローンを組んで新しいものを買った。しかし、車が無いと運べない。親の車を「借りて乗る」のはもう嫌だったので(人の車なので肩身が狭い)早く自分の車が欲しかった。


 そんな時、先輩がアウディの古い車(その当時で20年前と言っていた!!)を2万円で買わないか?と言う話があるぞ!と教えてくれた。それならバイトすれば買えると飛びついた。

 ワクワクして待っている間に、私の誕生日が来た。20歳の誕生日。父は、中国に行った時に買っておいた石で私の下の名前で「薫」と言う実印を用意してプレゼントしてくれた。この先、車や家を買う時に実印というものが必要になるからと。  車が届き、様々な手続きの際、この実印を押した。とても大人になった気分だった。


 そこから車を買い替える度に、この実印を押し、父の言葉を思い出している。


 車が好きで、いろんな車に乗った。マニュアル車が好きだったが、どうしても乗ってみたくて買った「ホンダ シティカブリオレ」はオートマだった。オープンにして走ったりとご機嫌だったが、どうしてもマニュアルに乗りたくなって2年弱で手放してしまった。


 それからもいろいろ乗ったが、今はまたマニュアル車に乗っている。


 昨今のご年配の方々の車の事故を見て思うのは、マニュアルなら踏み間違えで起きる事故は減るのでは無いかと。私も50歳半ばになり、昔と比べると運転にしっかり集中していないと怖いな、と思うことがある。マニュアルを乗り続けてみて、危ないなと感じる時がきたら免許返納だな。


 20歳のプレゼントの実印と共に父が教えてくれた、車に乗るなら自己責任が取れないとダメだという言葉は、走る凶器に乗るものとして今も新鮮に心の中にある言葉である。  そして、その言葉は、車以外のことにも通ずるものがあり、肝に銘じて生きて来た気がする。



46回の閲覧

最新記事

すべて表示

ごめんね神話

Telacoyaの保育を追求する為に、鎌倉と葉山の両園のスタッフで勉強会を開いた。 「食の勉強会」と「保育の勉強会」直接参加もリモート参加もOKにして。 みんなでいろんなことを共有することは、保育をチームで行うにはとても大切なこと。 ただ正解を聞くのではなく、あーでもない、こーでもないと話すことがとても大切。 そんな中で出た「ケンカの見守りはどこまで?」というお題。 基本的にうちはケンカを止めない

大人と子どもの「今」の違い

今日はおうちえんTelacoya921の2020年度の、そして第10回目の入園式だった。 もうとっくに入園しちゃった園児がほとんどだし、もうとっくに友だちと遊ぶの楽しくなっているし、もうとっくに園の生活にも慣れちゃっているけれど、ここは一つ大切にしたい式なので、年長児のおひさまと準備をして来た手作りの入園式に該当保護者をご招待して行なった。 「お祝いの言葉」で保護者の皆さんはじめ、みんなに伝えたこ

きっとシンプルで新しい世界が待っている

コロコロコロナで閉塞感でいっぱいの今。先がまだ見えてこない。トンネルの出口がまだ見えてこないから。 でも、今、何も特に不自由があるわけじゃない。食べるものもあるし、水も飲めるし、インフラも整っている。家もあるし、物も買える。じゃ、何が不自由なんだ??? 思い切り人と触れ合えない感じ。そこにいるのにもどかしいな。 思い切り海に出られない感じ。そこにあるのにもどかしいな。 思い切り遠くに行けない感じ。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2019 by Kids on the Peak。Wix.com で作成されました。