検索
  • Kaori Nakao

男らしく女らしくとは?

 私は小さい時から「女らしくしなさい」と言われるのが一番嫌いだった。らしくとは?何を持って指すのか?小学生の頃からそれが不満だった。


 私の母は雑誌に例えると「婦人画報」のような人だった。やっと産まれた待望の一人っ子が、この私。気の毒だが、野生児そのもののような子だった。母が張り切って私にフリフリの服を着せても、動きが猿のようで、「元気な男の子ですね」とあまりにも何度も言われるので、ある時から諦めて、髪を短く切り、ズボンしか履かせなくなったと聞いている。 これもまた極端な話だが。


 お陰様で生き生きと子どもらしく育つことが出来た。子ども「らしく」でいいじゃないか。それなのに、時々言われたのだ、「女の子らしくしなさい」と。なんなら男の子らしくしたかったのに。


 両親を見送った後、実家の片付けをしていたら、小学生の頃の作文などがごっそりと出て来た。大事にとっておいてくれたのだと嬉しくなって、片付けをそっちのけで読み出した。

今とあまり変わらないところが難点だが、稚拙な文章がおもしろくて止まらなくなった。


「羽が欲しい」1年生

 これは土曜日に学校がまだあった私の小学校時代。帰りにお腹が空いて家まで飛んで帰りたいからだとか、好きなところにひとっ飛びですぐに遊びに行きたいからだとか、書かれていた。


「男になりたい」3年生

 これは今なら職員室で取り上げられてるのではないか?いや、あの頃ももしかしたら問題作品だったのかもしれないが。。。。

 作文の中では、母に「男になりたい」と相談しているが、母が「今回は仕方ないから、生まれ変わってからにしなさい」と言ったらあっさりとそうだなと思った話や、「男になったら、今度は男らしくって言われるわよ」と言われ、そう言えばそうだな、、、といとも簡単に納得している小学生だ。


 要は小さい頃から「〜らしく」と押し付けられるのが嫌いだったということだ。


 先生らしく、大学生らしく、生徒らしく、、、、と言われると、その枠の中にいないといけない気持ちになってしまう。それは今もそうだ。どうにかして、何にも属さない何かになろうとしている気持ちが常にあると思う。保育士らしく、経営者らしく、、、、しっくりこない。


 強いて言うならば、「人間らしく」「自分らしく」なら自分はOKだ。  そして、今は「おばさんらしく」なら受け入れられる。「女らしく」は今も嫌なのに。


 どうでも良いこだわりなのかもしれないが、私にとっては小学生からのものなので、これと付き合いながら、「人間らしく」「自分らしく」生きていくのだ。

 

125回の閲覧

最新記事

すべて表示

ごめんね神話

Telacoyaの保育を追求する為に、鎌倉と葉山の両園のスタッフで勉強会を開いた。 「食の勉強会」と「保育の勉強会」直接参加もリモート参加もOKにして。 みんなでいろんなことを共有することは、保育をチームで行うにはとても大切なこと。 ただ正解を聞くのではなく、あーでもない、こーでもないと話すことがとても大切。 そんな中で出た「ケンカの見守りはどこまで?」というお題。 基本的にうちはケンカを止めない

大人と子どもの「今」の違い

今日はおうちえんTelacoya921の2020年度の、そして第10回目の入園式だった。 もうとっくに入園しちゃった園児がほとんどだし、もうとっくに友だちと遊ぶの楽しくなっているし、もうとっくに園の生活にも慣れちゃっているけれど、ここは一つ大切にしたい式なので、年長児のおひさまと準備をして来た手作りの入園式に該当保護者をご招待して行なった。 「お祝いの言葉」で保護者の皆さんはじめ、みんなに伝えたこ

きっとシンプルで新しい世界が待っている

コロコロコロナで閉塞感でいっぱいの今。先がまだ見えてこない。トンネルの出口がまだ見えてこないから。 でも、今、何も特に不自由があるわけじゃない。食べるものもあるし、水も飲めるし、インフラも整っている。家もあるし、物も買える。じゃ、何が不自由なんだ??? 思い切り人と触れ合えない感じ。そこにいるのにもどかしいな。 思い切り海に出られない感じ。そこにあるのにもどかしいな。 思い切り遠くに行けない感じ。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2019 by Kids on the Peak。Wix.com で作成されました。