検索
  • Kaori Nakao

笑う門には福来る

最終更新: 1月14日

 昔からこう言うけれど、困難に対面した時こそ、よりそう思ったりする。

困難と言っても限度があるが、、、

 

 例えば、楽しみにしていたお出かけの日に大雨が降って、すごく残念だったりしてマイナスな気持ちになったりするけれど、その大雨が中途半端な大雨じゃなくて、あまりにも酷過ぎたりすると「笑っちゃう」ことってある。


 そうすると残念だったことがどこかに行ってしまって、おもしろくなっちゃう。


 大事にしていたものをうっかり落として壊してしまった時も、「あ〜もう!!」ってがっかりする落胆の気持ち。でも、それが見事に真っ二つになったりすると、泣きながらも「笑っちゃったり」することってある。


 毎回そうなれるわけでもない私。さっとそう切り替えられる人が羨ましい時もある。  そうなった時の方が、立ち直るのにも時間がかからない。


 そう思えない時の方が、立ち直るのに時間がかかり、いつまでも悔しがったりして引きずる。  福が来ると言うのは、そこでグズグズしているより次に行った方が新しい良いことに出会う確率が絶対的に高いから。


 私の場合、中途半端な残念より、びっくりするくらいこっ酷くやられた方が、潔く笑っちゃうことが出来る気がする。

 もうどうしようもない!って諦めがつく。  だからと言って、毎度コテンパンになるのは嫌だ。


 そんなにこっ酷くやられなくても、そこそこのところで笑って許せる人になりたいな。

 

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

ごめんね神話

Telacoyaの保育を追求する為に、鎌倉と葉山の両園のスタッフで勉強会を開いた。 「食の勉強会」と「保育の勉強会」直接参加もリモート参加もOKにして。 みんなでいろんなことを共有することは、保育をチームで行うにはとても大切なこと。 ただ正解を聞くのではなく、あーでもない、こーでもないと話すことがとても大切。 そんな中で出た「ケンカの見守りはどこまで?」というお題。 基本的にうちはケンカを止めない

大人と子どもの「今」の違い

今日はおうちえんTelacoya921の2020年度の、そして第10回目の入園式だった。 もうとっくに入園しちゃった園児がほとんどだし、もうとっくに友だちと遊ぶの楽しくなっているし、もうとっくに園の生活にも慣れちゃっているけれど、ここは一つ大切にしたい式なので、年長児のおひさまと準備をして来た手作りの入園式に該当保護者をご招待して行なった。 「お祝いの言葉」で保護者の皆さんはじめ、みんなに伝えたこ

きっとシンプルで新しい世界が待っている

コロコロコロナで閉塞感でいっぱいの今。先がまだ見えてこない。トンネルの出口がまだ見えてこないから。 でも、今、何も特に不自由があるわけじゃない。食べるものもあるし、水も飲めるし、インフラも整っている。家もあるし、物も買える。じゃ、何が不自由なんだ??? 思い切り人と触れ合えない感じ。そこにいるのにもどかしいな。 思い切り海に出られない感じ。そこにあるのにもどかしいな。 思い切り遠くに行けない感じ。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2019 by Kids on the Peak。Wix.com で作成されました。